2022年8月29日

東洋大学川越キャンパスは、東武東上線鶴ヶ島駅から徒歩10分のところあります。川越キャンパスは、理系学部のために建設されたキャンパスで、理工学部と総合情報学部、大学院の学生が学んでいます。また、陸上競技場や野球グラウンド、テニスコートなどスポーツ施設も充実しているのが特徴です。

東洋大学川越キャンパスに通学する方への一人暮らしのおすすめエリアは東武東上線沿線の鶴ヶ島駅または霞ヶ関駅となります。

川越キャンパスのある鶴ヶ島駅周辺は、生活に必要なスーパーやドラッグストアなど商業施設が充実しています。またTSUTAYAやスポーツジム、公園などの公共施設も充実しているので多くの方が学校周辺で一人暮らしをしています。

なお隣駅の霞ヶ関駅も川越キャンパスまで徒歩で約20分、自転車なら約10分で通学しやすいエリアでおすすめです。霞ヶ関駅周辺もコンビニ、スーパーマーケットやドラッグストアが駅近にあって、食料品や日用品など生活に必要なものは一通りそろえやすい便利なエリアとして人気です。

ミニミニでは、希望する駅・エリアから初期費用を抑えられる敷金礼金無しの物件をはじめ家具家電付き物件などお客様ひとり一人のご要望に合わせて幅広くお部屋をご紹介致します。

実際に自分にあったお部屋はどんなものがあるか!?

『東洋大学川越キャンパスお部屋探し専用ページ』を活用して、まずは住みたいエリア・駅を決めて、自分の希望する条件でお部屋情報をチェックしてみましょう!

※情報は投稿時のものです。商品内容の変更や、地域情報等が変わる場合がございますのでご了承ください。

Tags:

Categorised in: ,

関連記事