2021年5月28日

引越し準備は、契約と並行して行いましょう。引越しは物を運ぶだけでなく、様々な手続きも必要です。

引越し方法を決める

引越しの準備でまず考えたいのが引越し方法。引越し会社を利用するか、自力で行うか。荷物量や作業量が極端に少なければ、自力で行うことも可能ですが、費用面に問題が無ければ引越し会社を利用するのがオススメ。家具・家電など大きな物を運ぶ際の安全面、引越しに要する時間などが主な理由です。
引越し方法に迷っている人は引越し方法を参考にしてみてください。


引越し日を決める

引越し日は、引越し方法の選択と合わせて決めましょう。自力で行うのであれば、引越し日は自由ですが、引越し会社を利用する場合は、事前に複数の候補日を決めておくことをオススメします。
引越しのハイシーズン(2月~3月)は、週末や日柄の良い日など、予約が早い段階で埋まっていることが多いので、遅くとも1ヶ月前には検討しておきましょう。


荷造り、各所への手続き

引越し日までに行うことは大きく分けて3つ。荷造り、役所での手続き、ライフラインの手続き。荷造りは自分のペースで行えますが、役所やライフラインの手続きは、窓口の時間や立ち会いなどで時間が限られることも。前もって動ける日を調整しておきましょう。
また、いざ入居して新生活が始まる前に、必要なアイテムを準備しておくこともポイントです。慌てて買いに走ることがないようにしましょう。


入居する

引越し当日は慌ただしくなります。新居へ荷物を運ぶほか、電気・ガス・水道の開通や開栓、荷解き近隣への挨拶などやることがたくさんあります。

※情報は投稿時のものです。商品内容の変更や、地域情報等が変わる場合がございますのでご了承ください。

Categorised in:

関連記事