2021年5月28日

気に入った物件があれば、入居の申し込みをしましょう。入居申込書の内容に基づいて、入居審査が行われます。

申し込みは契約と違うの?気になる物件を複数申し込んでもいい?

申し込みは、契約の意思がある物件に対して行うもので、複数の物件に対しては行えません。申し込みをすると契約に向けた具体的な準備が始まるため、安易な申し込みは控えましょう。大家さんだけでなく、他に入居を検討していた人にも迷惑がかかる場合があります。申し込みの前に、本当にこの物件で良いのかしっかりと検討しましょう。


申し込みをしたら住めると思っていい?

答えは「いいえ」です。申し込み=契約ではないため、申し込んだら確実に住めるわけではありません。契約までの流れは以下の通りです。

①入居申込書や本人確認書類の提出、申込金の支払い
まず始めに、入居申込書の提出や手付金と呼ばれる申込金などをお支払い頂く必要があります。入居申込書には氏名や現住所のほか、勤め先、年収などをご記入頂きます。

②大家さん・管理会社の審査
その後、入居申込書などの情報をもとに、お部屋を貸して問題がないか、家賃の支払いが継続的にできるかなどを、大家さんや管理会社(大家さんが建物管理を委託している会社)などが審査します。審査期間の目安は2~3日程度で、この間に入居申込書の内容に不足があれば、その都度連絡をいたします。

③申し込み受付完了
審査を通過すれば、申し込みの受け付けが完了します。
※管理会社や大家さん指定の信販会社・保証会社の審査があることが一般的です。


入居審査通過後の流れ

入居審査を通過すると、重要事項説明が行われ、その内容に問題がなければ契約を締結します。鍵の引き渡しは、契約日(日割り家賃発生日)以降に行われます。

  • 申し込みは1件。また、安易な申し込みはNG
  • 申し込みをしても、必ず住めるわけではない
  • 入居審査通過後は、重要事項説明がある。説明内容に問題がなければ契約を締結

※情報は投稿時のものです。商品内容の変更や、地域情報等が変わる場合がございますのでご了承ください。

Categorised in:

関連記事