2019年2月23日

消火器の使い方

前触れなく起きる火災は、迅速な初期消火が重要となります。マンションの共用部には消火器が必ず設置されていますので、使い方は確実におぼえておきましょう。

 

①安全栓を引き抜く

②ホースをはずし火元へ向ける

③ギュッと握り消火剤を噴射

火災の防止策

火の不始末や、暖房器具の放置にご注意

就寝時、外出時の火元の確認をはじめ、たばこの消し忘れ、暖房器具のつけっぱなしなどに注意してください。

  • たばこの消し忘れは常に火災原因の上位です。寝たばこは特に注意して下さい。
  • 暖房器具を使用する際は、寝具や衣類などから離しましょう。
  • バルコニーなどは非常時の通路となりますので、ものを放置しないで下さい。

 

漏水の防止策

水栓や排水溝は、日頃から確認を

洗濯機や浴室などから水が溢れると、階下に影響を及ぼし、大変な被害となってしまいます。水道の開閉、ホースの差し込み、配水管のつまりなどの管理はしっかりと行ってください。

漏水の原因のほとんどは、排水詰まりによるものです。階下の住人にも迷惑が及ぶため、日頃からこまめな清掃を心がけましょう。

  • 洗濯機の排水ホースは、排水溝にしっかりと差し込んで下さい。
  • キッチン・浴室などの排水溝はこまめに掃除してください。
  • 油・ゴミ・生理用品などは絶対に流さないでください。
  • ベランダでの植木の水やりにも注意して下さい。

 

 盗難の予防策

どんな時も、確実な施錠を行って下さい

玄関はもちろん、ベランダやトイレ、浴室の窓などの施錠を忘れずに行いましょう。(鍵を紛失した場合はただちにご連絡下さい。)

窃盗のプロは、窓の大小を問わず侵入してきます。2階以上でも、雨どいをよじ登ったり、屋上から階下のベランダに下りたりして侵入するケースも少なくありません。

  • 僅かな時間でも、家を空ける際には全ての施錠を心がけましょう。
  • 高層階だからといって油断をせず、常に防犯意識を持ちましょう。
  • 旅行などの不在を悟られない工夫をしましょう。(新聞配達を止める等)

※情報は投稿時のものです。商品内容の変更や、地域情報等が変わる場合がございますのでご了承ください。

Categorised in:

関連記事