2021年5月28日

単身であれば、準備は遅くとも引越し予定日の1ヶ月前から。ファミリーであれば更に1ヶ月早くから始めておいた方が良いでしょう。「意外と早い」と思うかもしれませんが、日中は仕事で動けなかったり、大型のゴミを処分するのであればゴミの収集日を考慮したりと、案外時間がかかるのです。

荷造りのポイント

荷造りで意識したいことは、引っ越し後の荷ほどき。あとから「どの段ボールに入れたっけ?」とならないよう、荷ほどきを想定して、荷造りをすることがポイントです。

① 荷造りするものを細かく書き出す。
② 重いものは小さな箱に、軽くてかさばるものは大きな箱に入れる。
③ すぐに使う物は、新居ですぐに荷解きできるよう別に梱包する。
④ 箱には何を入れたかを明記する。
⑤ 家電で既に使っている物は要注意。冷蔵庫や洗濯機は一日前に運搬の準備をする。

荷造りグッズ

段ボール
引越し会社を利用の場合、無料で提供してくれることも。ファミリーの場合は50~70箱が目安。

ガムテープ
引越し会社を利用の場合、無料で用意してくれることも。

マジック、サインペン
引越し会社を利用の場合、無料で用意してくれることも。

はさみ、カッター
荷造り・荷ほどきに使うことが多い。出しやすいところにしまう。


精密機器を保護するのに使う。湿気を嫌うものはラップなどで包む。

その他
新聞紙、軍手などを用意しておくと良い。


梱包のポイント

食器類、割れ物
一つずつ新聞紙で包み、すき間なく箱に詰める。同じ形・大きさのものは一つにまとめて縛る。

衣料
畳んだり丸めたりして箱に入れる。業者によっては、ハンガーにかけて運搬できるボックスを用意してくれる。

パソコンなどの精密機器
布やタオルを使って、移動時のショックを防いで保護する。

布団
2つか3つに折りたたんで重ね、ふとん袋をかぶせる。

  • 荷造りは、重いものは小さな箱に、軽くてかさばるものは大きな箱に、が基本。箱に何を入れたかも明記。すぐに使う物は、新居ですぐに荷ほどきができるよう別で梱包
  • 引越し会社を利用する場合、段ボール、ガムテープ、マジック、サインペンなどの荷造りグッズを引越し会社がサービスで用意してくれることもある

※情報は投稿時のものです。商品内容の変更や、地域情報等が変わる場合がございますのでご了承ください。

Categorised in:

関連記事